中日吉見2敗目「課題の立ち上がり」失点は全て被弾

  • 巨人対中日 1回裏巨人無死一、二塁、丸に先制の3点本塁打を浴び厳しい表情の吉見(撮影・滝沢徹郎)
  • 巨人対中日 2回裏巨人2死、坂本(奥)に左越えソロ本塁打を浴びる吉見(撮影・滝沢徹郎)
  • 巨人対中日 2回で4失点の中日の先発吉見一起は、ベンチに戻りぼうぜんとした表情(撮影・たえ見朱実)

<巨人7-3中日>◇4日◇東京ドーム

前回登板からの2連勝を目指した中日吉見一起投手は、4回6安打4失点で2敗目を喫した。

初回無死一、二塁から丸の2号先制3ラン、2回にも坂本に3号ソロと失点は全て被弾。「課題の立ち上がりでやられた。投げている感じは悪くないが、結果が全て」と話した。11年7月1日以来の東京ドームでの巨人戦白星は、またも持ち越しになった。