巨人デラロサ打者1人で緊急降板 腰から脇に違和感

  • 巨人対中日 9回からマウンドに上がった巨人ルビー・デラロサ(撮影・たえ見朱実)
  • 巨人対中日 9回表中日無死、ビシエドに右越えソロ本塁打を浴びるデラロサ(撮影・鈴木みどり)

<巨人4-6中日>◇5日◇東京ドーム

巨人の守護神デラロサが打者1人で緊急降板した。

1点を追う9回に登板し、先頭のビシエドに155キロの直球をバックスクリーン右に運ばれた。宮本コーチは「腰から脇にかけてだと思うんだけど、筋肉の固さというか違和感。我々が見てもおかしいな、腕が振れてないというのがあった」と説明。今後については様子を見て判断する。