ロッテ菅野今季1号に適時打「積極的にいきました」

  • ロッテ対西武 1回裏ロッテ1死一塁、先制の2点本塁打を放った菅野はスタンドのファンが拍手を送る中、一塁を蹴る(撮影・垰建太)

<ロッテ6-4西武>◇11日◇ZOZOマリン

ロッテ菅野剛士外野手が先制の今季1号2ランを放った。

2日連続3番左翼で先発出場。1回1死二塁で、西武松本の直球を右翼スタンド中段へ運んだ。昨年6月21日以来、約1年ぶりの本塁打で「しっかり捉えることができました。スタメンで使っていただいてるので、1打席目から結果を残すことができて良かったです」と振り返った。

4回2死二塁でも内角直球をさばいて右翼ライン際への適時打とし、1試合3打点目。「チャンスだったので積極的にいきました。追加点がほしかった」と話した。