山本由伸6回途中まで完全!オリックス最下位脱出

  • オリックス対日本ハム 6回表日本ハム1死、宇佐見に中前打を浴びる山本(撮影・黒川智章)

<オリックス2-1日本ハム>◇12日◇京セラドーム大阪

4000人のファンが固唾(かたず)をのんで、マウンドを見つめていた。オリックス山本由伸投手(21)が1人の走者も許さない。

日本ハムの主軸から次々と三振を奪った。「お客さんの前で野球をするのが久々だったので、少し緊張したんですけど、1球1球温かい拍手を頂いて、本当にいいパフォーマンスができた」。

有観客試合に力がこもった。6回1死まで完全投球。8回終了時にはベンチで西村監督と話し込んだ。「体の状態と、自分のボールだったり、監督の考えだったり。いろんな意見交換をして『いける』という結論だったので、9回のマウンドに行きました」。1点リードを守り、リーグ完投一番乗り。13奪三振はプロ最多だった。

背中を押す「音」があった。この日、登場曲をSNSで話題となっている三阪咲の「We are on your side」に変更して臨んだ。高校サッカーのテーマ曲でもある。「YouTubeを見ていたら、その歌が流れてきた。前の歌もすごく好きで、迷ったんですけど…変えてみようかなって」。初回と9回のマウンドで流れ、力に変えた。

昨季は最優秀防御率のタイトルを獲得したが、8勝止まり。「今年は全部勝つつもりで僕は投げている」とたくましい。リーグトップタイとなる3勝目。4年目右腕がエース級の投球を見せている。チームは3連勝で今季初めて最下位から脱出。最大8あった借金も3とし、5割復帰も見えてきた。「サンデー由伸」が上位進出に導く。【真柴健】