12日死球のヤクルト坂口1番一塁先発、西浦も復帰

  • 巨人戦で死球を受けるヤクルト坂口智隆(2020年7月12日撮影)
  • ヤクルト西浦直亨(2020年7月4日撮影)

<阪神6-3ヤクルト>◇14日◇甲子園

ヤクルト坂口智隆外野手(36)が、1番一塁手でスタメンに名を連ねた。

12日の巨人戦(ほっともっと神戸)、9回の打席で右足に死球を受け、そのまま交代していた。

この日、試合前の全体練習には、アップから参加し体を動かしていた。

また腰の張りで2試合スタメンを外れていた西浦も、復帰した。