巨人、高田トレード背景「飼い殺し」から方針転換

巨人の4年目右腕、高田萌生投手(22)と楽天のサイドスロー左腕、高梨雄平投手(28)のトレードが合意に達し、14日に両球団から発表された。

巨人と楽天のトレードは6月25日のウィーラー、池田に続く今季2例目。巨人は過密日程が続く後半戦に向けて侍ジャパン経験のある左腕を獲得した一方で、将来の先発候補をリリースした。

大塚球団副代表は「高田はうちの次期ローテーションピッチャー。結構悩んだんですよ。(活躍には)もう少し時間がかかるだろうと。楽天で大化けする可能性がある。だったら本人のために出してあげよう」と説明した。背景には原監督とも共通するという考えがある。「昔ジャイアンツはトレードに出して活躍されると困ると、どちらかというと飼い殺ししていたんですよ。監督と私は生かす道があるなら、探した方がいいんじゃないかと」と方針転換。今季は開幕前に例年20試合以上こなすオープン戦が11試合にとどまり、けが人が出ることを予想。さらに他球団でチャンスをつかめそうな若手の活躍の場を模索する中で、今回のトレードが実現した。

現在1軍の中継ぎ左腕は中川、高木、藤岡。高梨について同副代表は「実績は申し分ない。防御率1点台で奪三振率も高い。右も抑えている」と期待した。

楽天石井GM「高梨選手はジャイアンツさんに望まれて、上(1軍)での出場機会もあると感じ、それならばうちも先発のプロスペクトがほしいということで成立した。高田選手は今年大学4年生でドラフトにかかったとしたら1位、2位で消える逸材。これからのイーグルスのローテーションに入ってくれれば」。

楽天高梨「箸にも棒にもかからない選手を取ってもらって、たくさん投げさせてもらった濃い3年半でした。優勝したかったですが、それはこの後の野球人生でかなえられるように頑張っていきます。ジャイアンツに行って元気な姿をお見せするのが皆さんへの恩返しになると思っています」。