元巨人の高木勇人がBC神奈川入団会見「力になる」

  • BC・神奈川の入団会見に臨む高木勇人(撮影・小早川宗一郎)

巨人、西武でプレーした高木勇人投手(31)が3日、神奈川・藤沢市内でBCリーグ・神奈川の入団会見に臨んだ。高木は「少しでもチームの日本一に向けて力になれればと思う。チャンスをくれたこの球団のためにも力になりたい」と意気込んだ。

入団の決め手は「失礼になるかも知れないけど」と前置きした上で「個人的に神奈川県が好きだった。湘南、藤沢のおいしい店もあるので。そういうところがいいなと思ったのが最初」と話した。

生涯現役と宣言する高木だが今後のキャリアについては「ビジョンは持っていない。今こうやって野球ができるチャンスを頂いた。全力でやりたい」と神奈川の地で活躍を誓った。

高木は昨季まで西武でプレーし、今季はメキシカンリーグのユカタンと契約。同リーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今季の中止が発表されていた。

神奈川は今季からBCリーグに参入。元横浜(現DeNA)の鈴木尚典監督(48)が指揮を執り、2日現在で13勝6敗2分け、東地区グループBの首位に立っている。