原監督「心技体が充実」打球直撃も続投の菅野を称賛

  • 阪神対巨人 阪神を下し、ベンチを出た原監督(右)は菅野の足を見つめる(撮影・河野匠)

<阪神2-7巨人>◇4日◇甲子園

巨人は8回無死一、二塁から走者がスタートを切り、坂本の投ゴロで相手失策を誘って貴重な追加点を挙げた。ここから一気に4得点。

原辰徳監督(62)は、8回の足を絡めた攻撃について「先頭打者の北村がうまい具合に出てくれたというところに、こっちサイドの野球ができたかな、という感じがします」と言った。

3回には1番で起用した北村のプロ初本塁打で追加点を挙げた。

「1打席目、内容があまり良くなかったというところで、修正した2打席目」と評価。開幕から6連勝を飾った先発の菅野は、7回無死から右足のスネ付近に打球を受けながら続投。指揮官は「かなり強く当たりましたね。ベンチに戻ってきた頃はちょっと難しいかなと思ったんですけれども、本人がいくと。少し時間くださいということだったので。あそこのイニングを抑えたというところがね、やはり心技体という部分で充実しているというところでしょうね」と言った。

5日の2戦目は戸郷を先発に送り出す。「彼はまだ途上だしね、野球人生が本当にまだスタートしたばかりで、いいところもたくさん目立つし、しかし、やや反省材料というものも残した状態で戦っていると。そういう意味では私自身も楽しみだし、本人が一番楽しみだと思って投げてくれると思います」と期待した。