ヤクルト大西、初先発は黒星 V打献上の1球悔やむ

  • ヤクルト対広島 1回表広島2死一、三塁、先制を許して悔しそうに汗をぬぐう大西(撮影・浅見桂子)

<ヤクルト1-4広島>◇5日◇神宮

ヤクルトのドラフト4位、大西広樹投手の初先発は5回2失点で黒星が付いた。

初回に26球を要し、先制点を献上したが持ち直した。3回、5回はともに広島松山を併殺に仕留めて要所を締めた。4回は内外を投げ分け、下位を3者連続空振り三振に。「立ち上がりで少し制球に苦しみましたが、回を増すごとに少しずつ修正できた。長野さんへ投げた1球に悔いが残ります」と5回、勝ち越し打となった内角直球を悔やんだ。