ロッテ小島3勝目「次の試合では少ない球数で」

<ロッテ12-1オリックス>◇5日◇京セラドーム大阪

ロッテ小島和哉投手(24)が6回4安打1失点で、3勝目を挙げた。

直球が走り、序盤から140キロ台をマークした。登板前は「初回に失点することが多いので、しっかり試合に入っていきたい」と話していた。今季はこれまで6試合中、4試合で初回に失点。この日は3番吉田正に四球を許したものの、ジョーンズをチェンジアップで崩し、無失点で流れをつかんだ。

早大から入団し2年目。シーズンが3分の1を消化する中、しっかりと先発ローテーションの座を守る。さらなる安定感向上に向け「次の試合では少ない球数で、どう抑えられるかを考えていきたいと思います」と自身へ課す。この日は6回105球。「最低でも7回まで投げきれるように」と誓った。