阪神5試合ぶりに先制、2番近本の中前適時打で

  • 阪神対巨人 3回裏阪神1死二塁、先制の中前適時打を放ち、ベンチへ向かって手をあげる近本(撮影・前田充)

<阪神11-0巨人>◇6日◇甲子園

阪神が2番近本の適時打で5試合ぶりに先制した。

3回裏1死から1番陽川が中堅右にライナーで二塁打。1死二塁となり、近本が左腕メルセデスの外角低めカーブを中前に落とした。

「(先発の高橋)遥人がすごく頑張ってくれていますし、先制点の欲しい場面だったので、なんとか食らいつきました。いい結果になって良かったですし、次の打席も頑張ります」と振り返った。