誠也代役4番広島松山4打点、先制打&3ラン大暴れ

  • 松山竜平に右越え3点本塁打を浴びる青柳晃洋(撮影・清水貴仁)
  • 右越え3点本塁打を放った松山竜平(右)を出迎える鈴木誠也(撮影・清水貴仁)

<広島11-6阪神>◇7日◇マツダスタジアム

広島松山竜平外野手が代役4番を全うし、1発を含む3安打4打点と大暴れした。1回2死二塁で阪神青柳から先制の中前適時打を決めた。3点リードで迎えた2回2死一、二塁からは右翼ポール際に3号3ラン。「詰まっていたので抜けてくれと思っていた。入ってくれて良かった」と喜んだ。

前夜は神宮でナイターを戦った。移動ゲームとなったこの日は主砲鈴木が今季初めてスタメンを外れていた。佐々岡監督は「積極的休養。東京からの移動もあるしね」と説明。不動の4番を欠場させた一戦。今季初めて4番を任されたベテランが効果的な働きで猛攻の主役を担った。

初回の適時打は内角低め直球系を打ったもの。3ランも内角低めカットボールを内側から押し込んだ。「ボールの内側をうまく打つことができました」。芸術的なインサイドアウトスイングでチームを大勝に導いた。