西武木村、鈴木と激突し交代 病院には行かずに治療

  • 日本ハム対西武 2回裏日本ハム1死、石井の打球を捕球後、西武鈴木と交錯し苦痛の表情を見せる木村(左から2人目)(撮影・佐藤翔太)
  • 日本ハム対西武 2回裏日本ハム1死、石井の打球を追って鈴木と激突した木村(撮影・黒川智章)

<日本ハム7-6西武>◇8日◇札幌ドーム

西武木村文紀外野手が、捕球の際に味方選手と激突した。

2回の守備で日本ハム石井の右中間への打球を追い、右翼手の木村がダッシュ。同様に追いかけた中堅手の鈴木と交錯しながら捕球したが、体は宙に浮き腰を強打した。試合は一時中断。木村は次打者まで守ったものの、3回の守備で川越と交代した。球団によると病院へは行かず、アイシング治療で様子をみるという。