東農大北海道が逆転負け ブランドン「悔いはない」

  • 苫小牧駒大対東農大北海道 3回表苫小牧駒大2死二、三塁、3番土井が右越え2点適時二塁打を放ち、二塁走者の佐藤嘉(中央)が勝ち越しの生還を果たす(撮影・永野高輔)
  • 苫小牧駒大対東農大北海道 最後の打者を三振に切って取る苫小牧駒大エース伊藤(撮影・永野高輔)

<北海道6大学野球:苫小牧駒大3-1東農大北海道>◇24日◇とましんスタジアム◇優勝決定戦

東農大北海道が3季連続Vを逃した。初回に先制するも3回に逆転を許した。1-3の6回には2死満塁のチャンスをつくるも、伊藤に抑えられ勝機を逸した。

打率4割2分9厘で3度目の首位打者を獲得したブランドン大河主将(4年=石川)は「悔しいけど悔いはない。最後に大海さんと対戦できて楽しかった」。自身もプロ志望届を出す意向で「もし上のカテゴリーにいけたら、また対戦してみたい」と前を向いた。