オリックス竹安大知もコロナ陽性 2軍全員自宅待機

オリックスは竹安大知投手(25)が新型コロナウイルス陽性の判定を受けたことを24日、発表した。

22日に定期PCR検査を受けた結果、この日に陽性と判明。現在は自宅待機しており、無症状で体調に異常はない。1軍に同行している選手やスタッフは竹安と接触がないため、1軍は従来の予定通り。2軍については管轄の保健所が濃厚接触者を特定するまで、全員が自宅待機する。25日はウエスタン・リーグ広島戦(由宇)が予定されているが、この日は移動を見合わせた。

オリックスは23日に2年目左腕の左沢優投手(25)が陽性判定を受け、この日から指定の宿泊施設で隔離療養している。