平田2軍監督「安定している」5位村上の投球に納得

  • ブルペンで投球する村上(代表撮影)
  • 3000メートルを走る村上(左)と高寺(代表撮影)

阪神平田勝男2軍監督(61)はドラフト5位村上頌樹投手(22=東洋大)のブルペン投球に納得顔だ。

大卒1年目の右腕は昨秋の右前腕肉離れを考慮され、今春は2軍キャンプスタート。この日は捕手を立たせての投球を視察した。「順調に来ている。バラつきがなく、フォームとかそういった意味で安定している。コンビネーションとか出し入れとかができる、頭のピッチングができるようになってくれれば」と期待した上で「焦っちゃダメだよという話を今日もした」とルーキーの心情を気遣った。

阪神ニュース一覧はこちら―>