広島堂林、おかわりお手本フォーム改造

 3年目の来季に1軍初昇格を目指す広島堂林翔太内野手(20)が日南秋季キャンプで打撃フォームの改造に取り組む。力強さを取り戻すため、中京大中京で全国制覇した高校時代のように左足を高く上げる打法に変更。天福球場で特打など徹底的に振り込んだ。「しっくりきているし、手応えを感じています。悔しい2年だった」。今秋の教育リーグで西武中村の打撃動作にくぎ付け。「バットと球に当たったときの強さがすごい」と格好のお手本だ。

 

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新