藤本京太郎は2回KO負け 念願の大舞台も完敗

  • パンチを浴びる藤本京太郎(左=ロイター)

<プロボクシング:WBOインターナショナルヘビー級タイトルマッチ、WBC同級シルバー王座決定戦12回戦>◇21日◇ロンドン

ボクシングWBA世界ヘビー級12位でWBOアジア・パシフィック同級王者藤本京太郎(33=角海老宝石)が世界同級6位でWBOインターナショナル王者のダニエル・デュボア(22=英国)に挑戦し、2回2分10秒でKO負けした。2度ダウンを奪われた後、カウンターの右をくらい、マットに沈んだ。

両タイトルとも日本非公認だが、勝てば日本人ヘビー級選手として初の世界挑戦が近づく一戦だった。元K-1ヘビー級王者の藤本は11年に転向。プロ23戦目でやっと念願の大舞台に立ったが、英国のホープに完敗した。