白鵬「しびれた」土俵下で稀勢の里の気迫を感じた

  • FacebookMessenger
  • TL

<大相撲秋場所>◇初日◇9日◇東京・両国国技館

8場所連続休場から、進退を懸けて臨んだ横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が、白星発進した。左を差す得意の形で、東前頭筆頭の勢を寄り切る完勝。本場所の白星は1月の初場所2日目で北勝富士に勝って以来、237日ぶり。

稀勢の里の白星を土俵下で見ていた横綱白鵬は「しびれたというか感動したというか。いい相撲でした」と稀勢の里をほめた。その後の自身の取組に影響があったかと問われると「いろいろ頂いた感じがします」としみじみ。その上で「今場所は稀勢の里関からいろいろ学んでいきながら付いていければ」と稀勢の里の活躍を期待した。

このニュースの写真

  • 玉鷲(左)に激しく攻める白鵬(撮影・鈴木正人)
  • FacebookMessenger
  • TL