鶴竜「パーになるんじゃないかと」危機乗り越え帰国

大相撲名古屋場所で、7場所ぶり6度目の優勝を飾った横綱鶴竜(33=井筒)が、途中休場の危機と背中合わせだったことを明かした。

優勝を決めた千秋楽から一夜明けた22日、名古屋市で会見。初日6日前の今月1日の出稽古で腰を痛めたが「(名古屋場所)4、5日目までは油断できない感じだった。そこまでは痛み止めを飲んでいた」と振り返った。

腰を痛めて以降、場所前は1日2度、場所中も部屋に戻ってから連日、治療に出掛けたという。会見後には早速、モンゴルへ帰国の途に就いたが、外国人力士は休場すると、治療優先で帰国が禁じられる。今回は家族や部屋のおかみさんらとモンゴルで過ごす予定で「計画がパーになるんじゃないかと思っていた。昨日、おかみさんから『これで楽しくモンゴルに行けるね』と言ってもらえた」と、胸の内を明かした。

2年ぶりの帰国で、以前も同行したことのあるおかみさんからは「馬に乗って草原を走りたい」とリクエストされている。だが「モンゴルの馬は意外と小さいから、オレが乗ったら馬がかわいそう」と笑い、161キロの横綱は回避の意向だ。「すごくいい気分で目が覚めた」と終始ご機嫌。苦しんだ優勝も笑い話で締め、貫禄を見せた。【高田文太】

その他の写真

  • 一夜明け会見で笑顔を見せる鶴竜(撮影・小沢裕)