乃木坂V2!卒業の西野七瀬「今年一番うれしい」

第60回日本レコード大賞が30日、東京・新国立劇場で発表され、乃木坂46が「シンクロニシティ」で大賞を2年連続受賞した。1959年(昭34)から続く60回目、平成最後の「ダブル節目」のレコード大賞に輝いた。2年連続の栄冠は、昨年の「インフルエンサー」に続いて、14、15年に大賞に輝いた三代目 J Soul Brothers以来。

白石麻衣(26)は「本当にうれしいですし、まさか大賞が取れるとみんな思っていなかったから、本当にみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」。

明日31日をもって卒業するため、乃木坂46としてラストのレコード大賞となった西野七瀬(24)は「今年一番うれしいです。本当にありがとうございます」と涙ながらに話した。

キャプテンの桜井玲香(24)は「昨年(大賞を)頂いて私たちは誇りになりましたし、今年は素晴らしい一年を過ごさせていただいたので、今年も頂けたのでさらに飛躍できるように頑張っていきたいともいます」。

一般層に幅広く認知を広げた1年だった。グループ・個人含めて20社以上のCMに出演。メンバー10人以上がファッション誌の専属やレギュラーモデルを務めた。音楽分野でも、発売した3作のシングルは全てミリオンセールスを達成。今月19日に発表された音楽ソフト(シングル、アルバム、DVD、ブルーレイディスク)トータルセールスランキングでも、103・3億円で、9月に引退した安室奈美恵さん(41)に続く2位。実績は十分だった。

「シンクロニシティ」でセンターを務める白石は、先月「日経トレンディ」の「2018年のヒット人」に選ばれた。今月3日にニホンモニターが発表した「2018タレントCM起用社数ランキング」でも18社で1位となった。昨年2月に発売したセカンド写真集「パスポート」は、累計30・5万部を売り上げる驚異的なロングセラーに。勢いに乗るグループを力強くけん引した。

西野は、乃木坂46としてラストのレコ大で有終の美を飾った形だ。西野を含め、今年は8人のメンバーが卒業するが、今月お披露目された4期生にも有望株がそろっており、グループの勢いは続いていきそうだ。

このニュースの写真

  • 優秀作品賞に選ばれた「シンクロニシティ」を熱唱する乃木坂46(撮影・江口和貴)