嵐二宮を祝福 田中美佐子と宅間孝行が夫婦役の舞台

田中美佐子(60)飯豊まりえ(21)が出演する舞台「流れ星」(24日まで)の本番直前の囲み取材が13日、東京・池袋のサンシャイン劇場で行われた。宅間孝行(49)が作・演出するタクフェス第7弾で、結婚40周年を迎えた夫婦の奇跡の物語。

宅間と夫婦役の田中は「最初は冷えきった夫婦で、私も少しあてはまるかなと思ったけれど、メルヘンも入って、すてきなお話。私も舞台袖で見ていて泣きました。夫婦だけでなく、結婚に夢見る方にも見てほしい」、初舞台の飯豊は魔法使いと称するマリー役で「両親に見せたいくらい、温かい舞台です。稽古場で悔しくて泣いた時も、宅間さんは優しくフォローしてくれました」。

嵐二宮の結婚については、宅間が「男としてすがすがしく思った」と祝福した。