藤井七段「五段」祝うはずが「3段分」まとめて祝福

  • FacebookMessenger
  • TL

 史上最年少プロ棋士、藤井聡太七段(15)の「昇級昇段を祝う会」が10日、名古屋市内のホテルで行われた。

 日本将棋連盟の佐藤康光会長、河村たかし市長ら約500人が参加した。

 会場のファンの熱視線を受けた藤井はマイクの前で「みなさんの期待以上の活躍をしたい」と初々しくあいさつ。中学2年の秋にプロ棋士になってわずか1年7カ月。五段、六段、七段。異例のスピードで藤井が三段階の昇段を実現。当初、祝う会は2月の「五段」を祝う予定だったが、一気に「3段分」を祝うパーティーになった。

 パーティーでは「自戦解説」として五段昇段を決めた2月1日の順位戦C級2組9回戦の梶浦四段との対局を解説した。聞き手は姉弟子の室田伊緒女流二段が務めた。日常の話題にも触れ「高校で部活は?」の質問には「やってないです。部活に入るか入らないかは自由なので」と答えると、室田は「いいですね~」。 さらに今春から高校に進学し、学業との両立をしていることについて「学校には行けてますか?」にも「対局の以外の日は行っています」と笑顔で応じた。

 祝う会の前には師匠の杉本昌隆七段と記者会見。藤井はこの1年半を振り返り「トップ棋士の先生と何度か対戦する機会があり、成長できる点があった。形勢判断が向上したのかなと思う」と語った。

 杉本は「棋士生活はまだまだ序章。これからみなさんがもっともっと驚くような活躍をしてくれると思う。タイトル挑戦、今年挑戦しても何も驚かない」と期待した。

 タイトル戦のうち、年内に挑戦者となる可能性があるのは竜王戦、棋王戦、王座戦の3棋戦。藤井は「東海地方にタイトルをと思っています」と意気込んだ。

このニュースの写真

  • 来場者を迎える藤井聡太七段(撮影・松浦隆司)
  • FacebookMessenger
  • TL