東京五輪聖火リレー全日程決定 日本到着は3月20日

  • FacebookMessenger
  • TL

2020年東京オリンピック(五輪)で実施される聖火リレーの全日程が12日、決定した。20年3月12日にギリシャのオリンピアで採火式を行い、19日にアテネで引継ぎ式後、日本到着は20日。宮城県東松島市にある航空自衛隊松島基地に到着する。

その後「復興の火」として宮城(20、21日)、岩手(22、23日)、福島(24、25日)の順で展示。26日に福島県内から聖火リレー本番がスタートし、移動日を含め121日間をかけて47都道府県を回る。

「復興の火」の展示場所は現在、各県と復興庁、組織委で検討中。リレー本番前に聖火を展示するのは五輪史上初となる。

採火式の日程について大会組織委員会の森喜朗会長は、震災命日の3月11日にできたらという希望を持っていたが、国際オリンピック委員会などの日程調整の関係で、12日となった。

  • FacebookMessenger
  • TL