井上康生監督涙の代表発表「落ちた選手たちの顔が」

  • 東京五輪代表内定者を発表し落選した選手を思い感極まる井上男子監督(撮影・滝沢徹郎)
  • 東京五輪代表内定者を発表する井上男子監督(左)。中央は金野強化委員長。右は増地女子監督(撮影・滝沢徹郎)

全日本柔道連盟は27日、東京・講道館で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)代表12人を決めた。男子代表の井上康生監督(41)は記者会見で各階級の代表選手の名前を読み上げた後、感極まって涙した。

「選考を思い浮かべる中で、ギリギリで落ちた選手たちの顔しか浮かばない。60の永山、73の橋本、海老沼…90の長沢、村尾もそう。100の飯田、羽賀、100超の影浦…。本当に彼らは全てをかけてここまで戦ってくれた。彼らの思いもしっかり持った上で、日本代表として責任をもって戦いたい」。声を詰まらせながら代表2、3番手の選手たちへ敬意を示し、東京五輪への決意を述べた。その後は、指揮官として「一番やってはいけないこと。本当に申し訳ない」と報道陣へ頭を下げ、質疑応答に応じた。

以下、東京五輪男女代表(階級順)

▽男子60キロ級 高藤直寿(パーク24)2回目

▽男子73キロ級 大野将平(旭化成)2回目

▽男子81キロ級 永瀬貴規(旭化成)2回目

▽男子90キロ級 向翔一郎(ALSOK)初出場

▽男子100キロ級 ウルフ・アロン(了徳寺大職)初出場

▽男子100キロ超級 原沢久喜(百五銀行)2回目

 

▽女子48キロ級 渡名喜風南(パーク24)初出場

▽女子52キロ級 阿部詩(日体大)初出場

▽女子57キロ級 芳田司(コマツ)初出場

▽女子63キロ級 田代未来(コマツ)2回目

▽女子70キロ級 新井千鶴(三井住友海上)初出場

▽女子78キロ級 浜田尚里(自衛隊)初出場

▽女子78キロ超級 素根輝(そね・あきら、環太平洋大)初出場 ※昨年11月のGS大阪大会後、代表内定