川口能活氏が“五輪世代GKコーチ”北中米遠征同行

鹿島アントラーズ-ガンバ大阪戦では日本協会ナショナルトレセンGKコーチの川口能活氏(44)が“視察デビュー”した。

森保一監督は「東京五輪チームの手伝いをしてもらいたい。彼の持っている経験でサポートしてもらえれば」と話し、川口氏が事実上、五輪世代をGKコーチとしてサポートすること明かした。

9月2日から20年東京五輪世代のU-22日本代表が行う北中米遠征にも帯同する予定。