堂安律が地元兵庫の病院に寄付金「必要なサポート」

日本代表MF堂安律(21=PSVアイントホーフェン)が、新型コロナウイルス対策支援として地元の兵庫医科大学病院に寄付金を贈ったことが29日、分かった。同病院が公表した。金額は堂安本人の意向により非公表となっている。

堂安は兵庫県出身で、かつて所属したガンバ大阪のチームドクターを務めていた同病院の医師を通じて本人から連絡が届き、実現したという。寄付金は入手困難となっている手術用ガウンや防護具等の購入に充てられる予定だ。

堂安は同病院を通じてメッセージも寄せており「ガンバ大阪時代からお世話になっている先生と連絡を取らせていただき、今回このように少しでも今必要なサポートに協力することができ光栄に思います。引き続き大変な時期が続くかと思いますが、医療機関関係者、医療従事者の方々に感謝申し上げます」とつづった。