藤枝森島2戦連発に意欲、開幕4連勝へ「全力で」

「持っている」男が、2試合連続ゴールを狙う。開幕3連勝でリーグ2位のJ3藤枝MYFCが28日、焼津市内で練習を行い、元日本代表FW森島康仁(31)がミニゲームなどで軽快な動きを見せた。

前節の東京U-23戦(1-0)で決勝ゴールを奪い、福島との開幕戦に続く2得点目。3季ぶりとなるJの舞台で結果を残している。2得点とも、こぼれ球に反応したゴール。「持っている」と話すが、満足感はなく、「もっと得点を取れた場面があった。3~4得点くらいにしないといけない」と貪欲だ。

石崎信弘監督(61)からは、「こぼれたところにいたり、ボールに反応できるのは才能」と、FWの嗅覚を高く評価されている。トップ下のMF大迫希(28)やMF岩渕良太(28)との連係も向上しており、「もっともっと良くなる」と強調。相手守備陣を崩しての得点にも自信をのぞかせた。

次節の明日30日は、リーグ3位のC大阪U-23とアウェーで戦う。森島がプロデビューしたクラブが相手だが「意識は何もない」と、藤枝でのプレーに集中している。自身の今季3得点目に向けて、「良い練習内容、試合内容でできている。全力でやるだけ」と士気を高めた。【和田憲明】

その他の写真

  • ミニゲームで積極的にシュートを放つ藤枝FW森島