札幌MF荒野「正確なプレーを」2戦ぶりに先発濃厚

北海道コンサドーレ札幌MF荒野拓馬(26)が、6月1日ホーム広島戦(札幌ドーム)で2試合ぶりに先発することが濃厚となった。

30日、札幌・宮の沢での練習で主力組のボランチでプレー。直近7試合で同位置のスタメンだったMF宮沢裕樹(29)は前節G大阪戦で右膝を痛め全体練習に合流しておらず、荒野が入る可能性が高まった。「(試合に)出た選手でしっかり勝っていく」と、主将の分も戦う覚悟をにじませた。

本職はボランチも、シャドーでも3試合で先発起用された。豊富な運動量と推進力が持ち味で「出場したポジションで、的確で正確なプレーを意識するだけ」と頼もしい。自身が右ふくらはぎ痛で一時離脱した際、宮沢が荒野の位置に入った。今度は自らがチームを助け、4試合ぶり勝ち点3をもたらす存在となる。

その他の写真

  • ミニゲームでドリブルする札幌MF荒野(左)(撮影・保坂果那)