ベンゲル氏がFIFA要職に就任「課題に取り組む」

国際サッカー連盟(FIFA)は13日、プレミアリーグの名門アーセナルの監督を22シーズンに渡って務めたアーセン・ベンゲル氏(70)が、国際的な普及を促進する「グローバル・デベロップメント」部門のトップに就任すると発表した。

FIFA技術研究グループ長と、競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員会のメンバーも兼任する。

ベンゲル氏はFIFAの公式サイトを通じて「私は広い視野に立ってサッカーを分析することに興味を持っているだけでなく、世界のサッカーを運営する組織として、FIFAが真のグローバル団体であるため、この重要な課題に取り組んでいくことを楽しみにしています」などと決意を表明した。

2シーズン前までアーセナルを率いたベンゲル氏には多くのクラブが関心を示しており、その動向が注目されていた。