田中希実が福士超え!18年ぶり3000m日本記録

  • 女子3000メートル 力走する田中希実(左)(代表撮影)
  • 女子3000メートル スタートする田中希実(代表撮影)
  • 女子3000メートル 8分41秒35の日本新記録をマークし、優勝した田中希実(代表撮影)

<陸上:ホクレン・ディスタンスチャレンジ深川大会>◇8日◇深川市陸上競技場◇女子3000メートル

女子トラック界のホープの成長が止まらない。

昨秋の世界選手権(カタール・ドーハ)で女子5000メートル決勝に進出した20歳の田中希実(豊田自動織機TC)が3000メートルで8分41秒35の日本新記録を樹立した。

福士加代子(38=ワコール)が持っていた従来の日本記録8分44秒40を18年ぶりに更新した。

4日のホクレン・ディスタンスチャレンジ士別大会では1500メートルで、日本歴代2位となる4分8秒68で優勝していた。わずか4日後に再び、快記録を出した。

昨秋の世界選手権では5000メートルで日本歴代2位となる15分0秒01をマークし、すでに東京オリンピック(五輪)の参加標準記録も突破済み。

同志社大3年生だが陸上部ではなく、豊田自動織機TCの所属で、父健智さんがコーチ兼マネジャーというランナーだ。トラック種目は世界の壁が分厚いが、互角に戦える素質を秘めている。

◆田中希実(たなか・のぞみ)1999年(平11)9月4日、兵庫県出身。兵庫・小野南中、西脇工から同大スポーツ健康科学部に進学。18年U20世界選手権女子3000メートルで金メダル獲得。19年世界選手権女子5000メートル14位。153センチ