クレダー優勝、窪木一茂が2位 TOJ美濃ステージ

<自転車:NTNプレゼンツ2019ツアー・オブ・ジャパン>◇第4戦・美濃ステージ◇22日◇岐阜・美濃市和紙の里会館前周回139・4キロ◇晴れ、28度◇来場者3万1000人◇自転車月間推進協議会主催、日刊スポーツ新聞社後援

うだつの上がる町並みをスタート、和紙の里会館前を6周回する139・4キロで争われ、レイモンド・クレダー(チーム右京=オランダ)が3時間14分20秒で優勝した。

66人の大集団によるゴールスプリントを制した。

個人総合時間は同タイム16位のベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック=オーストラリア)が9時間17分30秒で首位を守った。

日本人は窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が2位に入った。

◆レイモンド・クレダーの話「3人の選手が逃げ切るような展開になったが、それは我々のチームにとって好都合だった。チームは私をスプリントで勝たせるという作戦だったので、残り50キロくらいからペースを上げて行って逃げを吸収することに成功した。チームは私をとても良いポジションに置いてくれたので、最後のスプリント勝負で前に出ることができた。最後の100メートルはとても混沌(こんとん)としていたが、自分の力を発揮することができた」

その他の写真

  • 美濃ステージ優勝のレイモンド・クレダー(中央)(C)TOJ2019