ザギトワ自らSNSで日本語訳も付けて引退“否定”

フィギュアスケート女子で18年平昌冬季五輪金メダルのロシアのアリーナ・ザギトワ(17)が15日、インスタグラムで「私は活動休止も『引退』するつもりもありません。(中略)今もなお、ロシア代表の一員であり、ロシア代表として国際大会に出場できます」とのコメント付きの投稿をした。

ロシア語に、日本語訳も付けた。13日に同国の政府系テレビの番組で、選手としての活動を停止すると表明。今後も練習は続けアイスショーには出るが「私は既に勝利した。人生の全てを手にしている」と発言。事実上の引退宣言と受け取られていたが、これを自らSNSで“否定”した形となった。

その他の写真

  • アリーナ・ザギトワ