【帝京・前田三夫の人生④】とっさに「神宮の空気を吸いに来ました」と言えるか…表裏を使いこなして見える風景

就任50年目の21年夏に勇退した帝京(東京)・前田三夫監督(72=現名誉監督)が、監督として過ごした半世紀を振り返りました。22歳の就任初日「甲子園に行こう」と呼び掛けたら、約40人いた部員が2週間ほどで4人まで減ったのは語り草。逆風のスタートから甲子園に26回の出場を重ね、歴代5位タイの51勝を積み上げ、3度の日本一に輝きました。今だから明かす秘話、勝負哲学、思い出に残るチームや選手たち、高校野球界へのメッセージ…9回連載です。

高校野球

古川真弥

昨秋、前田監督は初めて「名誉監督」として大会を迎えた。現指導陣への配慮から、本大会には1度しか足を運ばなかった。8強で敗れた新チームを「よくやったと思いますよ」。今は2、3日に1度、グラウンドに立つが「なるべく指導はしないようにしてます。新しい指導者を育てないと」。聞かれれば答えるスタイルを保っている。

8強から先の厳しさ

もっとも、現役監督だったころから「教えすぎない」ようにしていた。ひと言、ふた言と言葉をかけ、選手が良くなっていくのを見守った。それが楽しみだった。

第一線から引いた今でも、気持ちは変わらない。帝京の活躍を願うからこそ、秋の結果を評価しつつ、現指導陣への率直な言葉も紡いだ。

「まだ勢いだけだな、という感じが見受けられました。ベスト8から力を発揮すれば面白かったんだけど。これからの指導者の課題だなと思います」

準々決勝で、優勝した国学院久我山に敗れた。名誉監督が唯一、足を運んだのが、その準々決勝だった。というのも「ベスト8ぐらいからの厳しさというのがありますから。今のチームがどう動けるのか。だから、ベスト8で観に行きました」。勢いだけでは、3点差(4―7)を詰められなかった。

部員に退任を伝え、名誉監督に=2021年8月29日

部員に退任を伝え、名誉監督に=2021年8月29日

センバツが当確となる優勝には、さらに3つ勝たないといけなかった。そのために必要なものは? 「ただ勢いだけじゃ勝てません」。やはり、猛練習が欠かせない? 「一生懸命、練習しても、それだけでは勝てません」。

では、何が必要なのか?

「勝負というのは、表と裏がある。それを使いこなさないと勝てません。今は、表しか使ってませんね」

「裏」には、いくつかの意味が込められている。まずは「裏付け」の裏。「一生懸命、振ったって、相手の配球が分かってなければ打てませんよ」。こうすれば打てる、抑えられるという根拠が不可欠だ。

素直なだけでは

言葉の「裏」も読まないといけない。昨年の夏、大会開幕直前に練習を早めに切り上げさせ、選手たちを神宮に向かわせた。

初戦の舞台を感じて欲しかった。だが、選手の1人が、たまたま居合わせた記者に「監督さんから『神宮球場を回ってこい』と言われました」と素直に答えたのを記事で知った。「それじゃダメなんです。監督に言われたから来ましたじゃなく。純粋は純粋なんですけどね。僕の趣旨を分かっていれば『神宮の空気を吸いに来ました』と言えた」。素直なだけでは勝てない。

勝負哲学を携えた50年の監督人生。3度の日本一に輝いた。中でも「自分自身の挑戦だった」という年の話を聞いた。(つづく)