【楽天週間③最下位指名のロマン】平石洋介、渡辺直人、辛島航、島内宏明…愛すべき面々が集う街・仙台

ウィークデー通しの楽天特集。第3弾はドラフト最下位指名のロマンを取り上げます。スカウトの眼力、本人の資質と努力、育成。三位一体でのし上っていく選手を応援できる喜びは、ファンの特権です。イーグルスにはその土壌があり、おらがチームの魅力をグッと高めています。監督と打点王に上り詰めた2選手のコラムをどうぞ。(年齢などは掲載当時)

ウイラブベースボール

日刊スポーツ

▷04年ドラフト7位 平石洋介の場合

[お金じゃないんです」。格好いい言葉だが、仮に自分がそういった選択を迫られた時「お金じゃない方」に進める自信は、正直言ってあまりない。

楽天平石洋介監督(38)は、それができる人だった。

13日、京都で開催された同大野球部OB会主催の激励会。平石監督が04年ドラフト7巡目で楽天に入団した時の秘話を、当時の監督だった田尾安志氏が明かした。

ドラフトの数カ月前、中日でコーチやスカウトを務めた法元英明氏から連絡が入った。「平石という選手を取ってくれないか」。

PL学園高―同大―トヨタ自動車と王道を歩んできた選手。「レギュラーを取る力はありますか?」。田尾氏の問いに法元氏は「ない」と即答。「それだったらプロに入らず、トヨタ自動車でお世話になった方がいいんじゃないんですか?」。引退後も大企業で不安なく働けるからだ。

イーグルス第7代監督に。自ら退路を断ち、上り詰めた=2019年8月28日

イーグルス第7代監督に。自ら退路を断ち、上り詰めた=2019年8月28日

それでも平石本人は「とにかく自分の力を試したい」。最も低い順位で楽天に指名された。

「ある日、平石くんが切羽詰まった顔で僕のところへ来たんです。『どうしてもプロへ行きたい』と」。

当時トヨタ自動車コーチだった、元監督の山中繁氏も説得を試みた。「お前だったら、間違いなく部長クラスになれる。生涯賃金ウン億円まである。お前は(選手として走攻守が)平均的だから、プロにいってもそう(簡単に)活躍はできない。トヨタにいる生涯賃金を超えることは難しいぞ」。山中氏の気遣いに感謝しつつ頭を下げた。「お金じゃないんです」。熱意でプロの扉を開いた。

「僕は(選手として)何も結果を残していない」。通算122試合、37安打、1本塁打、打率2割1分5厘。大成できなかったが、引退後は1、2軍の指導者を歴任し、楽天の第7代監督に就任した。

「『何であいつが監督なんや』と思う人も、いっぱいいるでしょう。でも(選手で)結果を残してるから、指導者としていいかどうかは決められない。やる以上は、腹をくくってやりたい」。鋼の意志で再び道を切り開く。(2019年1月21日掲載)

明大時代の島内。俊足が星野監督の目に留まった=2010年10月24日

明大時代の島内。俊足が星野監督の目に留まった=2010年10月24日

▷11年ドラフト6位 島内宏明の場合

また1月4日がきた。楽天元監督の星野仙一さんが70歳で亡くなって2年。一報は2日後の6日だった。

未明に先輩の電話でたたき起こされた。「星野さんが亡くなったらしい」。誤報であってくれと願いながら電話をかけまくったが、誰にもつながらず、事実なんだろうと思い始めていった。そんな心境を思い出す。

しかし、記憶は残酷でもある。あれだけ取材して、お世話になった人なのに、今は日々の仕事の中で星野さんを思い出さない時間が増えている。

それでも、ふとした瞬間がある。最近は、楽天島内の契約更改のニュースを見た時。昨年12月26日、2200万円アップで年俸1億円に達した。

「会場でリストを見たら、島内が残っていた。足が速いと聞いてたし、それなら『行け』と言ったんだ」

星野さんは、よく自慢げに語っていた。11年ドラフト6位。明大の後輩だから、と思われるのは心外だった。

猛練習で看板選手に。ハッズルプレーのスタイルは変わらず=2022年5月10日

猛練習で看板選手に。ハッズルプレーのスタイルは変わらず=2022年5月10日

特徴が頭に残っていたから指名に踏み切った。育成をのぞき、最下位指名だったが、今や同期入団の出世頭だ。もし、星野さんのひと声がなければ、島内の運命は違っていただろう。

足が速いから―。星野さんのドラフト哲学も思い出された。10年秋の就任直後、秋季練習中に選手を見回し「平均点が多い」とぼやいていた。「スカウトは失敗したくない。だから、どうしても平均点を取ってしまう」。新人は一芸に秀でた選手を、が信条だった。

球団方針と衝突した年もあり、望む選手を取れないことも珍しくなかった。そのたび、ぼやきを聞かされた。それでも、星野イズムは、徐々に楽天という組織に浸透していったように思う。

昨秋のドラフト。1位は俊足・小深田、2位は大砲候補・黒川、3位はパワーピッチャー・津留崎。星野さんの評価を聞きたいなあ。【古川真弥】(2020年1月4日掲載)