【DeNA週間④中畑清監督の矜持】賭けの一言「俺が責任を取るしかない」も不発 早期の続投要請を蹴った退任劇

人事は水もの、を地で行った退任でした。横浜DeNAベイスターズ初代監督の中畑清氏。前半戦終了時に続投要請を受け、前向きな返事をしながらも土壇場で翻意、自ら身を引きます。その場にいなければ絶対に分からない、番記者ならではの描写に臨場感が漂います。(2015年12月1日掲載。所属、年齢などは当時。文中敬称略)

傑作選

為田聡史

決断なき人生はない。分岐点に立たされたとき、どの道を選択するか。野球人たちも、悩み、苦しみ、そして未来に希望を見いだし、扉を開ける。今季もさまざまな局面に対し、断を下した。長期連載「野球の国から 2015」では、プロ、アマ、メジャーリーガーたちの「決断」に迫る。第1回は、来季続投を要請されていたDeNAの中畑清前監督(61)が、退任を「決断」した舞台裏を追った。

◆中畑清(なかはた・きよし)1954年(昭29)1月6日、福島県生まれ。安積商(現帝京安積)から駒大を経て75年ドラフト3位で巨人入団。3年目から三塁手として1軍定着。「絶好調」を決めゼリフに人気を集めた。81年に一塁手転向。81~88年に4番で219試合出場。82~88年ゴールデングラブ賞。球宴出場6度。労組日本プロ野球選手会初代会長。通算1248試合、打率2割9分、171本塁打、621打点。89年引退。93、94年巨人1軍打撃コーチ。04年アテネ五輪(銅メダル)では長嶋監督急病のため日本代表監督を代行した。12年からDeNA初代監督。16年からは野球解説者に復帰。185センチ、90キロ。右投げ右打ち。

監督通算200勝を達成した中畑監督はウイニングボールを手にポーズ=2015年5月13日

監督通算200勝を達成した中畑監督はウイニングボールを手にポーズ=2015年5月13日

★進まぬマツタケ鍋「ほら、食べろよ」

秋の香りが部屋中に立ちこめていた。9月30日。

都内の中畑邸の食卓にマツタケ鍋がでんと構えていた。中畑が声を張り上げる。

「これは東北産の高級品だぞ。遠慮しないで食べろ」

駒大時代からの仲間数人が集っていたが、誰も箸をつけようとしない。

「もういいじゃないか。俺は決めたんだ。ほら、食べろよ」

そんな言葉にあらがうように、1人の後輩が切り出した。

「僕は納得がいかない。責任とはそういうものではないと思います。中畑さんにとっての責任は続けることではないでしょうか」。目を見開いて言った。

練習中、談笑する中畑清氏(中央)と高田繁GM(右)。左は稲村亜美=2017年2月

練習中、談笑する中畑清氏(中央)と高田繁GM(右)。左は稲村亜美=2017年2月

その数時間前だった。

5位以下が確定して、遠征先の神戸から帰京した中畑は、その足で球団社長の池田純(39)、GMの高田繁(70)、編成部長の吉田孝司(69)との4者会談に向かった。

5年目の来季体制づくりを建設的に行うためだった。だが、核となるコーチ人事で一向にまとまらなかった。

★コーチ人事の押し引き

その背景には、球団運営における認識の違いがあった。

DeNAは大リーグと同じGM制を採用。チーム編成、人事、契約などほとんどの権限を有するGMの下、中長期的なビジョンでチームづくりを進めていく。一過性の結果よりも着実な成長曲線を重んじる。

一方で、日本球界は古くから、現場責任者の監督に補強やコーチ人事など、ある程度の決定権が与えられる場合が多かった。

「1年勝負」の世界で生きてきた中畑は、勝てるチームを形成する上では、従来のように自身の要望を受け入れてもらう必要があると考えていた。

続投か、辞任か-。

本塁への滑り込みはセーフではないかと球審にお願いポーズで抗議=2013年6月

本塁への滑り込みはセーフではないかと球審にお願いポーズで抗議=2013年6月

話し合いは平行線をたどり、次第に気持ちが傾きはじめた。そして最後に、一筋の望みをかけて勝負手を打った。

「そうであれば、俺が責任をとるしかない。それ以外の方法は見当たらない。そもそも、監督として結果を出せなかったわけだからね」

だが、この一世一代の発言も、組織のあり方を変えるには至らなかった。その席で辞意を伝え、帰宅した。

★首位ターンで続投要請 後半戦の大失速 

優勝を目標に掲げた今季は、大混戦の前半戦を42勝42敗1分けで5割をキープ。日本一になった98年以来17年ぶりの首位ターンを決めた。

おもしろいように采配も決まり、何もかもがうまくいった。

オールスター休暇中の7月17日に、球団から呼び出しがかかった。東京・大手町にあるホテル・アマン。オーナーの南場智子(53)、池田、高田に迎えられ、異例の早期続投を要請された。

南場からは「最終順位がどうであれ来季の指揮をお願いしたい」と直々に懇願された。

2015年7月18日付の東京本社最終版1面。続投が既定路線だった

2015年7月18日付の東京本社最終版1面。続投が既定路線だった

中畑は「オーナー自ら『お願いします』と何度も言ってもらった。うれしかった。最後はオーナーの笑顔が見たいと思った」と、続投に極めて前向きな姿勢を示した。

だが、後半戦に入り状況は一変する。

交流戦は3勝14敗1分けと過去最低勝率に沈んだ。痛恨の12連敗も重くのしかかった。チーム状態は上がる気配すらない。

8月26日、ついに今季初の単独最下位に転落した。“キヨシ旋風”はもはや風前のともしび。報道陣からの「続投」についての質問には、一切答えなくなった。

★長嶋茂雄からの電話「辞めるな」

どん底に苦しむ9月のある日だった。

一番の師匠でオヤジと慕う巨人終身名誉監督の長嶋茂雄から1本の電話が入った。

「いいチームになったな。いいかキヨシ、絶対に辞めるんじゃないぞ。ここから、もっといいチームにしていくのがお前の役割だぞ」

中畑監督(左)の「新監督就任を祝う会」でお祝いのコメントを話す長嶋茂雄氏(右)。中央は松井秀喜=2012年1月17日

中畑監督(左)の「新監督就任を祝う会」でお祝いのコメントを話す長嶋茂雄氏(右)。中央は松井秀喜=2012年1月17日

まるで心中を察しているかのようなタイミングでの助言だった。だが、返事を濁した。

「最後まで諦めないで頑張ります」

★赤い目「ありがとう」

マツタケを鍋からすくい上げる箸を置き、中畑が正面を向いた。

「俺だって毎日、悩んだ。自問自答を重ねてきた。感情的に決めた訳じゃない。続けられるものなら、やりたいよ。でも、この世界でそれはできない。誰かがけじめをつけなければ、チームが前に進むことはできない。現場の最高責任者として、俺がけじめをつけなければいけない」

目は赤く充血していた。皆がじっと聞いた。何か言いたげな後輩の質問を制した。

「またチャンスをもらえたら、その時は応援してほしい。本当にありがとう。そして、すまなかった」

深々と頭を下げた。もう、後ろを振り向くことはなかった。

最終戦を終えセレモニーでファンにあいさつするDeNA中畑監督(中央)=2015年10月3日

最終戦を終えセレモニーでファンにあいさつするDeNA中畑監督(中央)=2015年10月3日

10月3日。シーズン最終戦の巨人戦後のセレモニーで最後のあいさつをした。

「球宴まで首位でした。緊張感、喜び、怖さがあった。幸せでした。どんな展開になっても選手たちは諦めない野球をやり通してくれた」とすがすがしく締めた。

DeNAでの挑戦は終わった。続ける責任、辞める責任、悩み抜いた末に後者を選び、余力を残して舞台を降りた。