20歳の竹内詩乃はZ世代の歴女 “推しメン”菅原道真公の魅力を熱弁

【番記者裏話】スクープや芸能界の最新情報を求めて現場を駆け回る芸能記者が、取材を通じて感じた思いをつづります。

番記者裏話

大友陽平

「第8回日本制服アワード」女子グランプリの女優竹内詩乃(20)がファースト写真集「内緒」(ワニブックス)を発売し、16日に都内で行われたイベントを取材し、“歴女”っぷりに驚かされた。

大の日本史好きといい、なかでも“推しメン”は菅原道真公。前日15日に20歳の誕生日を迎えたこともあって、この日はスタッフからケーキも贈られたが、その中には道真の肖像があしらったチョコが添えられていた。ケーキが贈られるサプライズ以上に、そこに推しメンがいることに「ケーキにいるのは初めて! 恥ずかしい…。見るとドキドキするので、恋してますね」と照れながらも大興奮していた。

道真の「亡くなって1000年たっても、いろいろなところでまつられていて、いろいろな人から信仰があるところ」が魅力だという。さらに「性格的にもいろいろと悩んだりすることも多かったと本で読んで、そこもなんか、魅力的なんです」と熱弁する姿は“歴女”そのものだった。

さらにその熱量は、最近の趣味にもつながっている。アニメ「平家物語」を見た影響で「和に触れることを始めたくて…」と、琵琶を習い始めたのだという。「将来は琵琶法師になるのですか?」と質問すると「そうなれるくらい極めたいです! 時代劇とかで琵琶を弾くシーンとかもあると思うので、ぜひ弾いてみたいです! そしてそこで菅原道真と共演したい!」と目を輝かせた。

イマドキの子には珍しい…というと、世の歴女たちに怒られてしまうが、竹内の積極的に学ぶ姿勢や、好きなことにとことん取り組む姿勢も感じられた。まだじっくりインタビューなどはしたことがないが、とにかく「話す」ことが好きな印象もあった。役者やタレントとしての今後も楽しみだが、“Z世代の歴女”として、いろいろな番組でも活躍しそうな存在だ。