速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第166回】

「日帰り」当たり前の時代に

この病気にこの名医

角膜移植(中)

 角膜とは、眼球の最も前面にある、俗に「黒目」と呼ばれる透明な膜。「光を通す」「光を屈折させる」「眼球の壁の一部を構成する」の3つの働きを担っている。「この角膜が混濁してしまったり、光を正しく屈折できない状態や角膜に孔(あな)があいてしまうと、角膜移植が必要となります」と、慶応義塾大学病院(東京都新宿区)眼科の坪田一男教授(50)は言う。

 角膜移植に結びつく原因疾患としては、円錐(すい)角膜、角膜白斑、水疱(すいほう)性角膜症、角膜変性症、角膜化学傷・熱傷などがある。「最近増えているのは『水疱性角膜症』です。角膜に水分がたまってむくんでしまった疾患ですが、今は白内障手術後、また、緑内障のレーザー治療後に起きるケースが増えています」。

 白内障の「眼内レンズ挿入術」は、年間90万眼、行われている。安全性の高い一般的な手術だが、これだけ多く行われていると、0・1%に起きたとしても900件に上ることになる。「この場合は角膜の三層すべてを取り替える全層角膜移植術になります」。

 このほか、円錐角膜は思春期に発症する角膜変性疾患で、角膜中央部が突出し、レンズとしての役割が損なわれてしまう。逆に高齢者に多いのが角膜白斑。若いときに角膜炎などを患い、角膜に癒痕が残ったケースである。

 そして、やけどや薬品などによって角膜に強い癒痕の生じるのが熱傷や角膜化学傷である。

 ▼角膜の構造 厚さわずか0・5ミリにもかかわらず上皮、実質、内皮細胞の3層になっている。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆角膜移植の名医◆

 ▽東京歯科大学市川総合病院(千葉県市川市)眼科・島崎潤助教授
 ▽慶応義塾大学病院(東京都新宿区)眼科・藤島浩講師、榛村重人講師
 ▽京都府立医科大学付属病院(京都市上京区)眼科・木下茂教授、稲富勉講師
 ▽鳥取大学医学部付属病院(鳥取県米子市)眼科・井上幸次教授
 ▽愛媛大学医学部付属病院(愛媛県重信町)眼科・大橋裕一教授
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ