初日ダッシュのいいまくりで見せ場を作った猪狩雄太(27=福島)。2日目1Rも、6番手から強烈なまくりで迫ったが、惜しくも2着止まりだった。勝った渋川聡士が開口一番「猪狩君、強かったね」と称えるほどだったが、本人は「展開が駄目。連日後ろに迷惑をかけている」と反省しきり。それでも「僕自身の足は悪くないので、最終日1着取れるように頑張ります」と前を向いていた。