1枠末永和也(24=佐賀)が2Mで差し返して逆転勝ち、今年6度目(うちG1が1度)の優勝を手にした。優勝戦12R、4カドからチルト3・0度に跳ねた仲道大輔がまくってきたが、イン末永がなんとかこらえて1Mを旋回。バックは5コースから差した牧山敦也と並走になったが、2Mで冷静に差し返して勝負を決めた。

決して楽な展開ではなかった。「仲道選手が締めてきたのが見えたので全速で回って、牧山選手に差されて焦ったが、2Mは落ち着いて回れて良かった」と振り返った。クールなイメージそのままに、レースもクールそのものだった。G1レーサーにふさわしい、今年2度目のルーキーシリーズ優勝だった。

この優勝で、来年のSGクラシック出場にも大きく前進した。