近沢諒香(22=三重)が地元で2度目の決勝進出を決めた。ガールズ予2・6Rは初手で奥井迪の番手を確保しながら、道中で野口諭実可に追い上げられて3番手に下げた。それでも、懸命に食い下がって3着をキープ。2走合計ポイント11点で予2・7Rを見守った。結果は7番手で、無事に決勝進出を決めた。

本格デビューして初めて決勝に乗ったのもホームの松阪だ。今回は「ファンの方が初めて横断幕を作ってくれて、そのお披露目の開催。そこで決勝に乗れて良かった」と安堵(あんど)の表情で振り返った。

決勝はガールズG1競輪祭女子王座戦組3人がそろう激戦だ。それでも「強い人が多いほどレースが動くから、チャンスはあるかも…。1つでもいい着を取れるように」と意気込んだ。