久樹克門が恩師・小倉竜二の前で快走を見せている。

A級準決3Rは菊池翔の逃げを中団からひとまくり。堀政美のブロックも難なく乗り越えた。

「100人のお客さんの前より、小倉さんに見られている方がプレッシャーです」。いい緊張感の中で、高いポテンシャルを発揮した。

決勝11Rは田上晃也が前回りを直訴。完全Vへ視界は良好だ。