飯田風音が予1・6Rを快勝した。

石井貴子の巻き返しに合わせて先頭に躍り出ると、そのまま押し切った。

前検日には「調子も悪いし、スピードが出るバンクは好きじゃない」とこぼしていたが、不安を一掃する内容に「前回の松山よりは調子は良さそう」と手応えをつかんだ。

予2・6Rも、しっかりと自力を発揮して連勝ゴールを狙う。