渡口まりあ(29=山口)が、これぞ総力戦といった立ち回りで決勝進出を決めた。

予2・7Rは、初手で山原さくら後位を確保できたものの、打鐘で伊藤のぞみに外から追い上げられる苦しい流れ。だが、そこから持ち味を存分に発揮した。並走を嫌って内にもぐりこむと、中団を確保していた石井貴子より先にアクションを起こした。先頭に立つと、後方からまくってきた山原に飛び付いて再びドッキング。直線で猛追する石井を振り切って2着に入った。「ラッキーもありましたね。(山原)さくらさんは強いんで抜けなかったけど、悪くはないと思う」と満足そうに汗を拭った。

4場所ぶりの決勝の舞台でも、存在感を見せたい。