日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

エンブレム切れ味武器に砂王/JCダート

初G1制覇を狙うキングスエンブレム
初G1制覇を狙うキングスエンブレム

<和田美保の私に任せて:ジャパンCダート>

 今年のダート界は、世代交代の時期に来ている。和田美保「私に任せて」はヴァーミリアンの弟、キングスエンブレムに期待した。この秋は3戦して2勝、2着1回。前走みやこSは砂をかぶる苦しい展開を克服しての2着と、砂王の血が開花した。中間の動きも上々で、兄弟対決を制してダート界の頂点に立つ。

 06年以来2回目の外国馬不在のJCダートとなった。外国馬の参戦がある年は、とにかく前がつぶれるパターンが多いが、今年はそうはならない。消耗戦は考えづらく切れ味が生きる流れになるとみるのが妥当だ。また、今の日本ダート界最強馬であるエスポワールシチーも不在。と、なればここは新世代の台頭があっていい。切れ味が武器の5歳馬キングスエンブレムを本命に抜てきする。

 昨年の5月に芝からダートに転向。ダート初戦の勝ちっぷりには驚いた。ヴァーミリアンの弟だけにダートで走ることは分かっていたとはいえ、砂の海をスイスイ泳ぎ、ほぼ追うことなくゴール。2着に2馬身半差をつけ、能力の違いをこれでもかと見せつけた。

 休み明けの連勝はともに最速の上がりで勝利した。切れ味勝負での強さを見せたが、本格化を印象付けたのは3走前のオークランドRCTだ。中団内で脚をため、砂をかぶっても苦にすることがなかった。しかも、ゴール前は狭いところを割って出てくる芸当。今年の春2戦で見せた「精神的なモロさ」を見事に払拭(ふっしょく)した。続くシリウスSは早めの競馬で他の11頭を子供扱い。楽に重賞を取れたのはうなずけるし、パターンの違う競馬で勝てたことは、上のクラスで戦える大きな自信になった。

 みやこSでは前半で砂をかぶって位置取りを悪くしたが、最後は外に持ち出して盛り返してきた。負けたとはいえ、早々とやめる可能性もあったところ、最後まで伸びてきたのが成長の証し。あの経験は大舞台で必ず生きてくるし、今回はトランセンドにあそこまで楽をさせることはない。福永騎手も「この感じなら」とかなり手応えを感じていたし、今回はもう少し前での競馬をイメージしている。芝も含めれば、阪神コースでは3勝を挙げている。直線平たんの京都から、エンブレムの「庭」である阪神に替われば必ず逆転できる。

 相手筆頭にはシルクメビウスを選ぶ。最内枠で競馬が難しくなったが、実績からは外せない。エンブレムの兄であるヴァーミリアンが単穴だ。鉄砲駆けが利くし、衰えたと決め付けるのは早すぎる。人気を落としている今回は、配当的な妙味もある。

 馬連(1)(2)、(2)(10)、(2)(3)、(2)(5)、(2)(8)、(2)(12)、(2)(4)。

 [2010年12月4日8時13分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

キングスエンブレム

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  絶好内枠トランセンド逃げる/JCダート - 競馬ニュース
  2. 2  トランセンドが1番人気/JCダート - 競馬ニュース
  3. 3  アクシオン連覇だ盾上回る出来/鳴尾記念 - 競馬ニュース
  4. 4  結婚!女王横西と山崎智也 1日に婚姻届 - 競輪・ボート・オートニュース
  5. 5  素質馬ルーラー古馬にも通用/鳴尾記念 - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです