長谷部誠と鎌田大地の所属するフランクフルトは、敵地でヘルタと対戦し、2-1で勝利した。

 長谷部は3試合ぶりに先発してフル出場だった。鎌田と原口はベンチ外。

 長谷部は30日付のドイツの専門誌キッカーで、選手生活をJリーグで終えたいとの願望を明かした内容について「僕が(キッカーの人に)話したのは、「Ichkannmirvorstellen(想像できる)」なので。そしてまぁ1~2年ていうよりは、(具体的な年数は出さずに)「PaarJahre(数年)」っていう話をしたんですけど(笑)。でも自分にとって色んな可能性は…これからの。そんなに長くない現役生活だとは思うんで。その中でJリーグっていうのは、僕個人にとってはね、人それぞれ違うと思いますけど、すごく魅力的なリーグだと思うし、そういう意味ではホントに、Jリーグでプレーしたいっていう気持ちはありますけどね。まぁそのへんは契約ごとなので分からないですけどね」と、真意を語った。(鈴木智貴通信員)