アーセナル(イングランド)の日本代表DF冨安健洋(25)はホームのRCランス戦で2アシストをマークした。

右サイドバックとして5-0の前半終了までプレーし、チームは後半に1点を追加して6-0で大勝。勝ち点を12とし、B組首位で16強入りを決めた。

日本代表での活動を挟んでチームの公式戦5試合連続の先発となった冨安は、前半13分にMFハーバーツの先制点の起点となる浮き球のパスを送ると、3-0となった27分には右か左に大きく展開し、FWマルティネリのゴールをアシスト。前半終了間際にも自陣ペナルティーエリア内から全速力で前線に攻め上がり、右からのクロスでMFウーデゴールのチーム5点目をお膳立てし、前半限りで退いた。

冨安についてアルテタ監督は「素晴らしかった。彼は最近、長い時間プレーしている。この過密日程の中、現時点で最終ラインの選手が不足しおり、このスコアを利用して冨安を休ませた。他の選手にプレー時間を与える必要があった」と前半だけで交代させた理由を説明し、冨安への信頼を示した。