どーもです。テーラーメイドの新製品「Qi10 」シリーズですが、今日は「Qi10 LS」ドライバーを紹介しましょう。実際に打つまでは「これが最も合いそう!!」と思っていましたが、どうやらボクの片想いだったことを突きつけられました。試打モデルのロフトが9度であることを差し引いても、まあ、手強かったです。というわけで、いってみましょう。


まずは見た目から。


ソールを見ると、他2モデルとは全くの別モノということが分かりますよね。フェース下部の直ぐ後部にスライディングウエートが搭載されています。これは左右にスライドするので、つかまりをコントロールできると思いますが、そもそもここにウエートがある時点で、3モデル中で最も浅重心モデルとうメッセージを受け取れると思います。

フェースはシャローで、やや小振りかな。形状的には「Qi10 MAX」ドライバー系。打球痕を見ると、中央からややトウ寄りに打っている方多そうです。

ボディはシャロー。縦幅が3モデル中最小にも見えましたが、より浅重心を意識すれば、そうなるのは必然かもしれません。

後ろ姿です。ウエートがセンターにドーンは「Qi10 MAX」ドライバーと一緒ですが、全体系によりコンパクトでした。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや小振り。もちろん、3モデルでは最も小振りです。形状的には、「Qi10 MAX」ドライバーと一緒で、そのまま小振りになった感じ。

なお、3モデル比較はこんな感じ。左から「Qi10 MAX」「Qi10」「Qi10 LS」です。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana SILVER TM50」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9度、ライ角54度(STD)、長さ45.5インチ、総重量310g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量60g、トルク3.6、中元調子。


試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。


持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまず。でも、「Qi10 」ドライバーと変わらないんですよね(汗)。グリップの太さはやや細め。シャフトを手でしならせてみると、「おっ!?」と思わず声が漏れるほど「Qi10 MAX」「Qi10」ドライバーの「Diamana BLUE TM50」Sに比べると全体的にしっかりしていて、しなりポイントも真ん中よりやや手元寄り。正直、この時点であまりの差に「あれ? 大丈夫かな?」とちょっと不安がよぎりました。ワッグルしてみると、やはり結構しっかりしている感じで、真ん中より手元のしなりポイントからヘッドが少し動く感じで、振れ幅は少なめ。素振りしてみても、手元にしっかり感があって、「Qi10 MAX」「Qi10」とは全くの別モノ。この時点で「しっかり振らないとダメか?」とか思ってしまったのかもしれません。


実際に打ってみると、いつも通りのスイングだとボールが全く上がりません。ロフト9度という点を考慮しても「ん?」でした。この時点で試打としては正常では無くなっていたのかもしれません。なぜなら、「ボールを上げよう」という意識が働き、いつもよりボールを左足寄りにして、よりアッパーブローを意識してしまいました。それでもやっと打ち出し角15度台。細いグリップでムキになって打ってしまい、左手人差し指第二関節付近に痛みを感じ、グローブを外してみると、まるで初心者のように皮がめくれていました(笑)。「最初に打った方が良かったかな…」も後の祭り。何はともあれ全体的にハードで、これは別のシリーズと思った方が良さそうです。そうそう、初代「SIMン」を打った時に近い感覚で、ボクは惨敗でした。


スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら

【3球平均】

HS43.0m/s、初速62.3m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量2054.5rpm、サイドスピン-8.9rpm、飛距離249.2y

【ベスト】

HS43.2m/s、初速62.6m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量2013.7rpm、サイドスピン-202.0rpm、飛距離250.6y


打感はマイルド。ボールのつぶれ感満載で他2モデルと同じだけど、音が低めで中低音系。


弾道はこんな感じで


そのスカイトラックでデータはこちら


弾道的には中弾道。これは、ボクが上げようという意識をしてです。いつも通りなら低めの中弾道。スカイトラックの数値的には打ち出し角13度もザラでした。スピン量も3モデル中で最も少なめ。もちろん「Low Spin」なので、名前に偽りなしですが、これはもうかなりのハードヒッター専用モデルといってもいいかもしれません。


出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート。3球平均では他2モデルと大差無いバラケですが、それでも他の試打球を含めても、打ち出し方向&打ち出し角はよりそろっていた印象です。打ちにいくと右にドーンでしたけど。まあ、シャフトの影響が大きいような気がします。


そのシャフトフィーリングと振り感ですが、とにかくしっかり系。「Diamana BLUE TM50」の後だからということかもしれないけど、「Diamana SILVER TM50」はほぼしなりを感じません。カッチカチといった感じ。ボクレベルには、なんら恩恵を与えてくれないツン系シャフトでした。


今回ボクは試打した限りでは、このスペックで最低でもHS43m/sは欲しい感じで、本物ハードヒッターにオススメです。プチハードヒッターレベルでは太刀打ちできるシロモノではなさそうな印象でした。ここ最近ではなかなか稀有なモデルですが、これまでのテーラーメイドを振り返って見ると、「SIM」も「STEALTH」も、初代は結構ハードなモデルだったような印象だったりして。もしかしたらプロの要望に応えたモデルなのかなと思います。「SIM2」「STEALTH2」でやや改善されたように第二世代が出れば、もう少しアマチュアでも扱いやすくなるのかなと邪推しちゃいました。その時は「Qi10 2」(キューアイテンツー)となるのかな?

<テーラーメイド「Qi10 LS」ドライバー>

■KAZ'sインプレッション(10点満点)

▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:7▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8

■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン+インフィニティカーボンクラウン+カーボンソール+特殊強化カーボンコンポジットリング+スライディングウエート(18g)MOIバックウエート(17g)、フェース=新60層カーボン+PUカバー

■シャフト(重量/トルク/調子):「Diamana SILVER TM50」(S=60g/3.6、SR=57g/4.0、R=55g/4.3/中元調子)。「ツアーAD VF-6」(S=65g/3.3/中元調子)。「SPEEDER NX BLACK60」(S=65.5g/3.8/先中調子)。「Diamana WB63」(S=61g/3.1/元調子)。

■価格:「Diamana BLUE TM50」装着モデル1本9万9000円。「ツアーAD VF-6」装着モデル1本11万2200円。「SPEEDER NX BLACK60」「Diamana WB63」装着モデル各1本11万円。 ※価格は税込み