コンテンツエリア



メインコンテンツ

国立競技場にトップアスリート集結「セイコーGGP」

「セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京(セイコーGGP)」が5月10日、新装なった国立競技場で行われる。世界陸連が新設する「ワールドアスレチックスコンチネンタルツアー2020」のゴールド大会シリーズ第1戦として開催され、世界各国からトップアスリートが参戦する。男子12種目、女子9種目を予定。国内からは男子100メートルに桐生祥秀(24=日本生命)、男子走り高跳びに戸辺直人(27=JAL)、女子やり投げに北口榛花(21=日大)ら、昨年の国際舞台で活躍した選手の出場発表が待たれる。

セイコーGGPが開催される国立競技場
セイコーGGPが開催される国立競技場

日本の9秒台選手全員が昨年12月16日、ネクタイ姿で都内ホテルに集合した。日本陸連の年間表彰セレモニー「アスレチックス・アワード2019」。男子100メートルで17年に日本人初の9秒台(9秒98)をマークした桐生、現日本記録9秒97を昨年6月にたたき出したサニブラウン・アブデル・ハキーム(20=フロリダ大)、昨年7月に9秒98を記録した小池祐貴(24=住友電工)で、19年ドーハ世界選手権男子400メートルリレーで銅メダルに輝き、メンバーの多田、白石とともに優秀選手賞を受賞した。

席上、3人はそれぞれ言葉は違いながらも、2020年の目標に向け、決意を新たにした。小池は「またこれを1つの励みに、来年に向けて鍛錬を重ねていきたい」。サニブラウンは「今年は良い結果で終われたので、来年もこれ以上の結果が出せるように頑張っていきたい」。そして、桐生は「もうすぐ2020年。そこではしっかりメンバーに選ばれて、今回よりも良い色のメダルを取りたい」。熾烈(しれつ)な競争を乗り越え、栄光を勝ち取ることを思い描き、言葉に力を込めた。

世界陸連(World Athletics)は昨年11月、これまでの国際陸連(International Association of Athletics Federations)から組織名称を変更した。そして、新設したのが「ワールドアスレチックスコンチネンタルツアー」。主催しているダイヤモンドリーグ以外の世界の1日競技会を、レベル、賞金などによってゴールド、シルバー、ブロンズの3つに分け、各シリーズで開催する。

昨季に掲げた「9秒8」のタイムの目標は、今年も変わらない。世界選手権では準決勝で9秒台を出し、決勝進出も目指す。志しを高く設定し、常に危機感と隣り合わせにいる。「9秒台を目指し、9秒台に入るよりも、9秒8を目指し練習をした方がいい。自分なりに常に危機感をもってやらないと」。会場は過去に10秒00と10秒01を出したヤンマースタジアム長居。その先の目標へ、最初の殻を打ち破る舞台とする。

セイコーGGPはゴールドに認定されるとともに、ゴールド大会第1戦に決まった。舞台は世界から今、最も注目されている国立競技場。トップアスリートたちの熱い激闘を、今から期待せずにはいられない。

五輪イヤーに強い山県

昨年大会の400メートルリレーで優勝した山県
昨年大会の400メートルリレーで優勝した山県

男子100メートルで10秒00の自己記録を持つ山県亮太(27=セイコー)が、20年に捲土(けんど)重来を期す。19年は肺気胸で日本選手権を欠場した。その後、米国合宿で回復に努め、巻き返しへの手応えも感じている。昨年末には「オリンピックに選ばれ、そこで自己記録を出せるようにしたい」と話した山県。五輪では12、16年ともに同種目で準決勝進出を果たし、16年には男子400メートルリレーで銀メダルに輝いているだけに、五輪イヤーに強い実績で勝負したい。

昨年のVTR

昨年のセイコーGGPで2位の桐生(中央)、左は山県、右はガトリン
昨年のセイコーGGPで2位の桐生(中央)、左は山県、右はガトリン

昨年のセイコーGGPは5月19日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートルで桐生が、17年の世界選手権王者ジャスティン・ガトリン(37=米国)に肉薄した。追い風1・7メートルの中、10秒01での2位。優勝タイムとの差はわずか0秒01で、10センチ届かなかった。

 この日の桐生は調子が良く、スタート前から「9秒台、ベストを出す」と独り言を繰り返していた。そして、東京五輪の参加標準記録10秒05を突破。優勝と自己記録更新を逃しながらも「悔しいが、自分の走りができたのは価値がある」と胸を張った。

 ドーハ世界選手権の男子400メートルリレー決勝は、第3走者を務め、アンカーのサニブラウンにバトンをつないだ。結果は37秒43のアジア新で米国、英国に次ぐ3位。このタイムは16年リオ五輪銀メダルの37秒60をしのぐ日本新記録ともなった。

【大会概要】

◆関係団体
〈主催〉日本陸上競技連盟
〈共催〉朝日新聞社、日刊スポーツ新聞社
〈主管〉東京陸上競技協会
〈後援〉TBSほか
〈特別協賛〉セイコーホールディングス
◆大会HP
http://goldengrandprix-japan.com



フィーチャー



フィーチャー



スポーツ

梶原悠未が女子オムニアムに登場 自転車世界選手権
梶原悠未が女子オムニアムに登場 自転車世界選手権 [記事へ]





右カラム