17歳女子高生レーサーのJuju(野田樹潤)が5日、イタリア・ミサノワールドサーキットで行われた「Zinox F2000 Formula Trophy」最終戦で見事、年間チャンピオンに輝いた。国際F3規格レースでは、旧イタリアF3を含めて50年以上の歴史において、女性として初の快挙となった。

Jujuは、予選でポールポジションを獲得。第1レースではポールトゥウィン。続く第2レースでは、ポイント争いのライバルがリタイヤして、その時点で年間チャンピオンが確定。2位でチェッカーフラッグを受けた。「Zinox F2000 Formula Trophy」はイタリア国内を中心に7戦行われ、欧州選手をメインに37人が参加。女性参加選手としては、Juju1人だけだった。

Jujuは「とってもうれしい。昨年はレースをやめてしまおうかと悩んだくらい苦しかったが、今年は最高の結果でシーズンを終えることができた」と大喜び。そして「まずはシーズンを通して、レースをさせてくれたスポンサーに感謝。また常に帯同してくれたチームスタッフや支えてくれたファンの力があったおかげと思う。来シーズンは目標のF1に向けて、さらにステップアップしていきたい」と続けた。